災害の時にペットと一緒に避難できる日本に!


スポンサーサイト

久しぶりの大会〜と里親募集中♪

ひっさしぶりの大会♪ 母はおよそ1年ぶりでした〜

けいとんは、1000円を落とした罰と小学生最後の記念にラジオ体操当番の刑に処されました(笑)
IMG_6523.jpg

らっきょは久しぶりの大会と家族全員参加にウホウホMAXで大暴走&撃チ〜ン(T^T)
こいつはアホかッ ( ̄∩ ̄#
IMG_6526.jpg

あんずとらっきょの旅友 アルトさん なんとついにクイーンズ準優勝!すごか〜〜〜!
ビビリで苦労してきたこの子をずっと見てきたあんずとらっきょ母は感無量でした(ToT)
諦めずに頑張って来たアルト姉さんに乾杯 .: *:・(* ^ヮ^)/□☆□\(^ヮ^ *)カンパ-イ!.: *:・
IMG_6562.jpg

さてさて!大会に行ったら、BCRNでおあずかりされてる子に遭遇しました!
ま〜なんと可愛い子でしょう!毎日デカボーを見慣れてる私にはこのサイズはたまらん(・´з`・)キュン
IMG_6541.jpg

しかも、触ったら 速攻眠れそうなほどの癒しの手触り(^_^;A フワッフワ♪
IMG_6543.jpg

なんちゅう〜感触なんでしょう!この子 ずっと触っていたい…
しかも 超おっとりさん♪ 無駄吠えもないし、なんでこんな子捨てるのぉ〜〜?信じられん(@o@;)
IMG_6544.jpg

マック君というらしい! 見た目は女の子っぽいべっぴんさんです
IMG_6549.jpg

顔はまんまボーダーコリーですが、身体はかわゆいブチ柄の ミックス君です♪
くるんと丸まったしっぽがチャームポイントです♪
IMG_6550.jpg

クレートにも大人しく入っていられるお利口さんはポイント高いね!
それに預かりさんのワンズとも仲良くできる子だし、きっと癒し犬間違いなしですね♪
初対面なのにスリスリされた私は、心癒されました〜
次は幸せになってほしいです♪

BCRNマック君の情報



ペットショップへ行く前に

皆様お元気でおすごしでしょうか(^_^)

さて、ちょいと暗いお話ですが…
年末年始になると、人間の社会でも 年を越せずに会社をたたんだり、リストラされたりと
大変な時期でもあります。
が、 動物にとっても 同じく 悲しい時期が到来します。

今年も、年末年始に向け、飼育放棄、迷子犬が増え始めてきました。
生活が苦しくなったから、動物を飼えないアパートなどに引っ越さなければならないなどでしょうか…
その他にも、単に思いつきで飼い、飽きた、可愛くないというのもあると思います。

今日、ペットショップにワンズのブラシを買いに行ってきました。

そこにはショーケースに 愛くるしい仔犬が一杯! 見るだけでヨダレが垂れそうに可愛い子ばかり…

「クリスマスプレゼントに!」「金利0% 分割払い可!」な〜んて 馬鹿げたことが一杯書かれてます。

しかし、高い値段を付けられた仔犬達が沢山殺処分の運命を辿っています。

「いったいこの可愛い仔犬達の中で 何割が幸せになれるのだろうか…?」と思いながら見てしまいます(T^T)

犬猫を飼う方は、その子が最期の日まで面倒を見てあげられるのか良く考えてほしい…

そして、本当に責任を持てる方は、買うのではなく、保護団体やセンターに収容されている子達を

家族の一員として迎えるという選択肢も… ぜひ 入れてほしいです。

             topimg2.jpg


            いつでも里親募集中!

   IMG_3204.jpg

「ひまわりと子犬の7日間」を観て

先日「ひまわりと子犬の7日間」を観に行ってきました。
343456view001.jpg

こういう動物愛護ものは沢山映画になっているので、正直またお涙頂戴の映画なのかな…なんて思ってましたが、友人から「ひまわりと子犬の7日間みた? すごく良かったよ… 単なるお涙頂戴じゃなくて いろんな事を考えさせてくれる映画だよ…子供にはぜひ観せたほうが良い映画かも」とすすめられ、さっそく愚息とお友達親子で行く事に…

涙が出るというのは知っていたので、厚めのハンカチを準備して映画館へ(^o^;)

映画始まってまずはのちにひまわりと名付けられた主役の犬の回想シーンから… 
(余談ですが、この主役犬イチちゃん、名優です) 

その後、保健所につとめる主人公神崎の保健所での仕事ぶり…

いきなりの殺処分のシーン、処分直前にこれから自分たちの身におこる事を知らないジャックラッセルの子たちに魚肉ソーセージを大きめにちぎり分け、声をかけながら与えるシーンでもう、涙腺爆発…さらには神崎氏のボタンを押すなんともいえない悲しい顔にもらい泣き… あ〜(;´Д`) 神様もうどうにかしてください…とここからはハンカチを両手で押さえながらの鑑賞…

我が子に殺処分をしなければならない保健所の職員の複雑な立場を理解してもらえず苦しむ父の姿も本当に胸に刺さりました。

今まで処分という言葉が一人歩きし、まるで犬猫殺しの施設というイメージで見られていた保健所の方々のつらい立場もこの映画で表現できたことは良かったと思う。

そういえば、我々は処分する人の立場に立って考えた事があっただろうか…

保健所に収容された犬は殺処分されてしまうということは子供でも知っている事実です。

ですが、その現実をイメージしたことがあったでしょうか?

今回の映画は、ペットブームの陰の部分もあらわにしたことが大変評価できると思います。

犬をこよなく愛する保健所の職員さんが殺処分を自分の手で行わなくてはいけない現実…

死にゆく犬達と毎日顔を合わせ、えさをやり、犬舎を掃除する…

そして毎日書き換えなければいけない「命の期限の日数」…

そして見送る…

今まではスルーされていた、重い現実

でもこの現実を知らないから、イメージできないから、飼育放棄は減らないんです。



この映画は小学生、いや子供達全員に見てほしい…いや見るべき映画です
特に……
 「子犬買って〜」と言っているお子さんと
   その親御さんに特に見ていただきたい…


犬を飼う覚悟と責任、そして子供が飼えば親にも責任が出てくるということをよく理解してもらうためにも、この映画はぜひ観ていただきたい…

視聴後、けいとんとお友達のK君二人とも 泣きすぎて目が腫れ上がってました(笑)
もちろん母達も、化粧もはがれ、化け物状態(>∀<)))

毎年数万頭もの犬猫が殺処分されている今、この映画の影響で一頭でも殺処分が減ってくれればと思う映画でした

この動画ラストのほうにひまわりが歩腹前進するシーンがありますが、私はここが大好き…
神崎役を演じる堺雅人氏がひまわりと心を通わせようと、魚肉ソーセージを口で噛み切り、それをポイッとひまわりの犬舎に投げ込んだあとのシーンです。 最初は絶対に食べないのですが、時間とともに、欲も出てきて…(^o^;)さらに冷えきった心も溶けはじめたのでしょうか、大好きなシーンです
名優イチちゃんの迫真の演技にアッパレ(>∀<)))



そこのお母さん! 春休みはまだ少し残ってます!
ドラえもんもディズニー映画も良いけど、
ぜひお子さんと見てください!
そして、見た後、お子さんと語り合ってください!


この映画は見た後、いろんな事を考えさせてくれる映画ですよ!


この映画のレビューのところにとても印象深い感想が載っていましたので転載しますね。


レビューより一部抜粋

すべての犬がこんな風に救われているわけではない。

期限通りに殺処分されてしまう(引き取り手が見つからなかった)保護犬たちのほうが多いのだ。

心ない人間が手放した罪で、彼らがこんなことになるのなら、彼らを救えるのは(もちろん一番は飼い主のモラルだが)心ある人間でしかない。

各地でこういった保護施設が開設されているらしいので、もし犬を飼いたいと思っているとしたら是非そういった施設をまず覗いてもらえれば、と思う。

犬も人間と同じで互いの相性があるから、まずはお互いを知るところから…

見捨てられて野犬になってしまう飼い犬たちの悲劇を今作で学んで、動物の命がどう扱われるべきか、飼う前にしっかり話し合ってほしい。


最後に偶然ですが、ひまわりと同じ保健所からレスキューされたらっきょが保健所にいたころの写真です。
らっきょ保健所1

これは、BCRNさんがボーダーコリーかもしれないと、保健所にかけあい、引き出ししてくれた際の写真です。
2009年8月10日となってますね…あれからもうまる3年が過ぎました…
ae851215-s.jpg

現在のらっきょマン(笑) とりあえず幸せそうでエガッタ♪エガッタ♪ (>∀<)))
IMG_2882_20130403101939.jpg

救える命

もともと人間が持ち込んだ命
もともと人間が増やした命
救えない命を0にすることはできなくても
減らす事はできるはず…


国の偉大さ 道徳的発展は その国における動物の扱い方で判る
                - マハトマ・ガンジー



来年2013年が 殺処分を少しでも減らせる日本になっていますように…

 ちばわんより転載

画像の説明文