in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in 未分類

さようならダイコクコガネ…(;_;)/~~~

-0 COMMENT
おそらく今年の夏の我が家の一番の思い出になったに違いない…

ダイコクコガネ…ちゃん

「チーチー♪」鳴くところ、アワアワとあわてて歩くところ…

赤いボンボンがついた触覚と本当にかわいいことづくしのダイコクコガネちゃんでしたが…どんどん知るうちになんだかすごい昆虫だということが判明…

そして今日…そのダイコクコガネちゃんとお別れをしました…

あんず母さんちょっぴり、さみしい…



そうなんです…本当に貴重な虫だったようで…

本日九州大学、農学部 M研究所に寄贈してきました。

ダイコクコガネのエサが気になり、牛糞なのか鶏糞なのか?それともカブトムシと一緒に入れているので、カブトムシの糞で生きていけるのかなど聞きたくて

近辺の昆虫博物館を探したところ、「九州大学総合研究博物館」というところを発見…

電話でその場で我が家のブログを見て頂き、やはりダイコクコガネであると確認してもらい、色々と話をしていくうちに、このダイコクコガネちゃん、秋までしか生きられないこと、大変貴重な虫だということ、我が家で飼っていてはいけないことがひしひしと伝わってきました。

そして、M研究所のM先生から「よかったらいただけませんか?」と言われました。

どうせ、我が家には牛糞などのエサもないし、どのみちカブトムシ御殿の中で秋までに力尽きてしまうのなら、世の中のお役にたててほしいし、標本として残ってくれれば、この先いつでも会える…と思い、寄贈することにしました。

先生のお話によると福岡では完全に絶滅している虫だそうで、他県でも牛の餌に人工的な薬品が使われるようになり、それを食べなくなったダイコクコガネ…どんどん激減し今ではほとんど見られなくなったようです。特に生きているのは珍しい…

そして、九州大学…赤い由緒ただしき煉瓦作りの建物の研究棟にけいとんと虫かごを持って行きました。

実際にみていただき、確認してもらい、研究所の虫かごにうつしました…

その後はいつ?どこで?どうやって?捕獲したかを詳しく話し、捕獲者の名前を伝えてきました。

九州大学内にあるこの「九州大学総合研究博物館」に標本展示されるそうです。

その他にも化石などめずらしいものを展示しているこの博物館です。

ダイコクコガネちゃん…わずかでしたが、我が家を本当に楽しませてくれました…

一度放してあげたのに、半日以上経って、玄関に舞い戻ってきたダイコクコガネちゃん…あの時以降、本当に愛情がわいてしまいました…

これで我が家の夏が終わったような、そんなさみしい感じがします…



ダイコクコガネのちょっと新しめの標本を見つけたら、けいとんを思い出してね(笑)
スポンサーサイト
  • Share

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。