in 未分類

読み聞かせの会と動物管理センター見学

-0 COMMENT
お知らせです


読み聞かせの会、「ビスコッチョくらぶ」が昨年春結成してから、約一年

母4名、子供の10名から始まったこのクラブも徐々に参加者が増え、お陰様で今では、母15名、子供30名と大変にぎやかになりました。

毎月のお当番さんの趣向を凝らした読み聞かせ、ゲーム、工作など本当に毎月楽しみになってきました。

そして、3月で子ども達それぞれ、卒園したり、進級したりと新しい春の時期です。

それをお祝いして、特別企画「動物のいのちの大切さ」というお話し会を開催します。

その日は、長年動物保護に携わっている方はじめボランティアグループの方々にお願いして、子ども達に「動物の命の大切さ」のお話と読み聞かせ、そしてゲームを通して犬の飼い方、触り方などを学んで行きます。

今回は特別企画ですので、ビスコッチョクラブの会員以外の方でも参加自由です。

青葉4,5丁目近辺、みどりヶ丘、その他にも町内会報など通じてお知らせする予定です。

とても貴重な機会です。ぜひご参加ください。

当日はお天気であれば、ホール横の公園で、保護された犬をみたり、犬の触り方教室なども行う予定です。





そして、それに伴い、昨日事前研修ということで、ボランティアの方々と一緒に動物管理センターを特別に見学させてもらいました。

フォトライブラリ - 5864




飼育放棄された後、その犬達はどうなっていくのか?

迷子になったワンコ…飼い主と出会えなかった場合どうなっていくのか?



★下写真は保護された犬、または飼い主から飼育放棄された犬が3日間の期限で収容されている部屋です

フォトライブラリ - 5851






★下写真は迷い犬です(飼い主さんは現れず)

フォトライブラリ - 5855






★下写真は 中には入れませんでしたのでガラス越しに撮影

 もちろん、一般譲渡に適した犬は再度生きるチャンスをもらえます。

 しかし、ミックス犬の成犬、老犬、大型犬はそのチャンスもなかなかめぐってこないでしょう。

フォトライブラリ - 5857




★下写真はシェパードのミックスです。飼い主さん自ら飼育放棄しに連れてこられたそうです。どういう神経でこんなことを…ひどすぎます。

このシェパードの我々を見つめる悲しい目がなんとも言えず、目を合わすことができませんでした。センターの方も一般譲渡しようにも大型犬は難しいとおっしゃってました。この檻の奥…わかりますか? 最終的に処分される際の死のロードです。

フォトライブラリ - 5858




★下写真はこの2匹は我々が見学する直前に保護されてつれてこられました。

フォトライブラリ - 5860




どの子もおびえきった、かなしい目をしています。でも我々がのぞくと尻尾を振ります。つらいですね…



★立派な手術室が整っています。事故などで運ばれた犬などがここで処置されます。

フォトライブラリ - 5854




★手放す理由は以下です。皆くだらない理由ばかり…

フォトライブラリ - 5844
フォトライブラリ - 5845




センターの方が声を大にしておっしゃってたのが、福岡県が殺処分一と言われるが、我々は好きでこういうことをしているんじゃないです。とおっしゃってました。

そうですね…だれが連れてくるんですか?飼育放棄しているのは?捨てるのは?最初に飼ったのは? 皆考えが甘いんです。




★動物慰霊碑

フォトライブラリ - 5865




★死の一歩手前で、性格など適性検査を経て、動物管理センターのモデル犬になって活躍しているワンコ達

フォトライブラリ - 5869




★テレビも出演したことのある、クオリスに会えました!きれいな目をしています。フォトライブラリ - 5871




今回取材したことをふくめ、子ども達に犬を飼うということ、命の大切さなどのお話をしています。

なかなかない機会です。

ぜひご参加ください。



◆◆◆日時:3月28日 10時から

◆◆◆場所:青葉4丁目 クローバーホール



当日は人数が100名程度を予定しております。万が一入れない場合はご了承ください。席などの都合がありますので、お早めにおこしください。

なお、お車での来場はご遠慮ください。近くに青葉公園駐車場がございます
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment