プロフィール

あんずとらっきょとけいとん

Author:あんずとらっきょとけいとん
ボーダーコリー、あんず(R&W)と らっきょ(BM) 
あんず 

カテゴリ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ようこそ!

最新記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

お気に入り

このブログをリンクに追加する

BCRN

DOG MONTH

RSSリンクの表示

あんずとらっきょ堂
ボーダーコリー あんず と らっきょ の日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たびら昆虫自然園
佐世保ツアーの続き…

たびら昆虫自然園

sasebo56


佐世保を後にして、平戸へ車を走らせる事約1時間…

山の中の峠道を進むごとに「こんなところに博物館とかあるんかな?」とお父さんと話す…

「意外と、行ったらビニールハウスにクワガタとカブトムシが飼われていて…なんてことじゃないよね?(笑)」と邪推しながら行ってみたらなんとっ!

まず、入り口で「約1時間かかりますが、お時間は大丈夫ですか?」と確認されます…

「?」「そんなにかかるの?建物的にはそんなに大きくないよね…」と

すると、男の人が「はいこっち来てください!私は案内係の○○です。これから中に入りますが、虫は絶対穫らないでくださいね!」と言われました。

「え?虫がとれる?ここって標本などをかざっている博物館と思っていたけど違うの?」とびっくり!

そうです。この「たびら昆虫自然園」は自然のままの環境で観察できる約4ヘクタールのアウトドア博物館なのです(笑)

sasebo57


敷地の中には畑、池、林、草と4つの里山を再現(というか自然そのまんまなんですがね(^o^;))約3000種類以上の昆虫、水生昆虫の自然の姿に出会えます。

ある程度の人数があつまると、解説員の人と一緒に園内に入り、観察して歩きます。

sasebo32




けいとんグループには同じくらいの年の男の子と女の子のご家族がいました。この男の子ハーフで見た目は美しい顔をしているのですが、けいとんに負けず劣らずの昆虫好きらしく、けいとんと二人で髪の毛逆立て(笑)お互いの知識を張り合って楽しそうに回ってました(笑)

sasebo45




このここのすばらしいところは、自然そのままの姿の上に、人によって手を加えられず、また荒らされたりしていないため、昆虫が本当にノビノビと姿を現します!(この写真ぜんぶ私の携帯で撮ったんですよ?!信じられない光景でしょ(^o^;) しかし悔しかったのが一眼レフを忘れたこと…せっかくの機会にやってしまいました(^o^;))



●クヌギに集まるクワガタとカブトムシ

kunugi




また、解説員の方が我々家族が行っただけでは気づかない虫を見つけてくれ、そしてその虫について詳しく生態などを教えてくれます。

すご?く面白いし勉強になりました?!



●こうやって解説員の人と一緒に園内を散策します

sasebo32




●水生昆虫の説明

sasebo43


sasebo45


sasebo48




●ギンヤンマ(夕焼け小焼けのあかとんぼのモデル)

sasebo42




●タイコウチ(タガメの一種)

sasebo44




●解説員の人がこうやって見つけては説明してくれます

昆虫




いや?とても勉強になり、母は思わずメモをとってしまいました!

虫って奥が深い!

成虫になる前の姿や、葉っぱにくるまって変装しているオオトビモンエダシャクなんて普通気づかないし、触れません。

けいとんはとっても興味深そうに見学していました。

突然決まったBCRN環境調査のお仕事おかげで行けたこの《たびら昆虫自然園》ツアー…

普段見れない虫の生態、気づくこともない昆虫の住処などふれあう事ができて本当に貴重な体験ができ、勉強になりました!

視点を変えるとこんなに違った世界が見えるんですね(*^o^*)

昆虫好きな人もそうでない人も童心にかえって、楽しめるところです。

また、こうやって虫の博士がそばにいて教えてもらいながら観察できるなんて贅沢ですよね!



夏休みは、カブトムシやクワガタなどの夜行性の昆虫観察のツアーもあるそう!またぜひ行きたいところでした!

みなさん機会があったらぜひ訪ねてみてください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://anzurakkyo.blog112.fc2.com/tb.php/306-e6acdb2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。