in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in 未分類

緊急!ご協力ください!

-0 COMMENT
漢方が保険診療適用外になるかも!




11月11日(水)の行政刷新会議事業仕分け作業の結果、一般用薬類似医薬品(OTC類似薬)(漢方・ビタミン・湿布薬)を保険給付からはずすという財務省案にワーキング・グループ15名のうち11名が賛成しました。

医療用漢方製剤(漢方エキス製剤・煎じ薬)とはいわゆる、ツムラやカネボウが出している漢方薬です。

皆さんが普段利用している、葛根湯、小青竜湯、桔梗湯などなど他にも気づかないうちに活用している漢方がたくさんあります。

我が家は、アレルギー体質の喘息持ちのけいとんの常備薬、小青竜湯、

すぐにノドをやられてしまう母の常備薬、桔梗湯が保険外になったら困る?(ToT)



これは大変なことです


 現在、医師の7割以上が漢方薬を使用して、国民の健康に寄与してきました。また、全国の医学部・医科大学でも医学教育の中に漢方教育が取り入れられ、日本東洋医学会で専門医教育も行われ、専門家育成も進んでいます。

 わが国が迎えている少子高齢社会の中で、われわれ国民の健康を守るためになくてはならない漢方薬・煎じ薬が健康保険で使えなくなることに、断固反対をします。



これは非常に深刻な事です。

我々、特に子供達は副作用の少ない漢方は頻繁に利用していると思います。

なぜ、漢方を保険診療適用外にするのか理解に苦しみます。



12月上旬には政刷新会議仕 分け結果の審議が行われ、そこで決定されると他の案件とともに、漢方の保険給付がはずされる危険性が大です。

時間は限られており、2週間で可能な限り署名を集めたいと思います。

お忙しいところ恐縮ではありますが、国民、そして子供達の健康を守るために是非ともご協力ください。

皆様ぜひ、電子署名のご協力をお願いいたします!



署名のお願い: これからも漢方が健康保険で使えるように…

↓………↓………↓………↓………↓………↓………↓




→電子署名はこちらから←



→書面による署名ダウンロードはこちらから←
スポンサーサイト
  • Share

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。