in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in けいとんネタ

花鳥風月

-2 COMMENT
一昨日、けいとんが馬に乗せてもらい帰って来てからのこと…
お父さんが、「いや~今日は良かったね… 癒されたね… けいとんはすごく良い経験をさせてもらったよ…
動物をさわったり 撫でたり、手入れをしてあげたりと 肌で触れ合うことは たぶんこの先、心の成長に役立つと思うよ…」と
そして、こう語り出した…

「昨日ね、RKB(TBS系)のホンネ日和の再放送というのを見たんだけど、 その時 つるの剛士と養老孟司の対談でね…
その時養老さんが、 いじめの問題について、とある女性が書いた「14歳の私が書いた遺書」という本の内容にびっくりしたと…
今日桜が咲いたとか、台風が来たとかいうのがなくて、すべてが人間関係。
「花鳥風月という自然界の事が全く出て来ない」と…
子供の世界から自然というものがなくなっている…
昔は、人間界の 善と悪 そして 自然界の善と悪と4つの世界があった。
自然界の善とは天気が良い、悪は天気が悪いといった感じである。
でも最近の社会では、人間の世界のみが認識されている。
つまり、子供たちは1/2の世界で生きているということ
子育て、夫婦間、いじめにあっている現代の子供など、
人間世界だけではなく、自然にふれさせると世界が広がるしとても大切な事だって…
人間と自然(動物)で二倍の世界になるそう。花鳥風月はそれだけ大事だということを語っていたよ…
ちなみに養老孟司さんは 昆虫が大好きだったらしい(^o^;)
お父さん 切々と前夜のこのトーク番組の事を語ったあと、
「こうやって、馬に触れ、犬に触れということは けいとんの成長段階で本当に大切なのかもしれないね…
ありがたい経験をさせてもらったね…」と しみじみと 車の中で語ってました…

そして、翌朝、ニュースを見たら…
京都府福知山市の動物園で、ニホンザルを飼育しているサル山に花火が投げ込まれたというニュース
映像を見て 目を疑った…
おサルさんは無惨に 顔が焼けただれていた…
巣穴に花火で追い込み、極限に追い込まれたおサルさん達…
執拗に追いまわし、何度も花火を打ち込む 少年らしき数名の姿が 映像で流れている…
もう二度と人間は信じるまいと思ったに違いない…

どんな気持ちでやっているのだろうか…? 
これで気分がすっきりするのだろうか?
哀れみの心はかけらもないのだろうか? 
自分の家族、身内がもし同じ様な目に遭わされたら?
彼らはどんな心の闇があるのだろうか?
他に楽しい事はなかったのだろうか?
きっと若者だろう… 
他に打ち込める事 一生懸命になれる事がなかったのだろうか?

まさに、お父さんの言う 「花鳥風月」の欠けた世界…
きっと同様に 対人だけで生きて来た少年達なのだろう…
だから、彼らにとって 動物の存在は 物にすぎないのだろう…
何の感情も持たず やってられるのだろう…
今後、彼らは この事に対して、どう心の中で処理してゆくのだろうか…
自分たちの姿を テレビで見て どう感じただろうか…

人間関係だけで生きてゆくと こうやって 心も擦り切れてゆくのだろう…

どこでどう間違ってこのような若者に成長してしまったのか…
誰か手を差し伸べる大人は居なかったのか…

我が家の愚息の場合 まだまだ成長段階にあり、どういう風な大人になるかはまだまだ先にならないとわかりません…


しかし…少なくとも 我が家には あんずとらっきょという 心を学ばせてくれる 師がいるんだな…と思った一日でした…




おサルさんの心が少しでも元にもどれますように…



ちょっと真面目なお話でした…


我が家の花鳥風月(^o^;) なぜか一緒にバリケンに入ってる
花鳥風月1


養老孟司氏のそのお話に似た内容 ここで見られます↓
NHK出版「人生の疑問に答えます」




スポンサーサイト
  • Share

- 2 Comments

hironn  

その通り!!

わたしも動物とふれあうこと、
自然を肌で感じることって
本当にだいじだと思うよ。。

テレビの世界に身を置きすぎた子供たちは
本物を知らないまま育ってしまう。
幼児期にあふれんばかりの愛情を受けられず、
少年時代に、権威ある大人と出会えなかった子は
自然界での自分の位置づけを
知らないまま成長してしまうことになる。

豊かな心が育ちますように、
と日々願いながら大人たちは
すべての子供に接していかなければ
ならないと思うな~。

そうはいってもわたしもまだまだ
子育て模索中なんだけどね~。
時間は待ってくれない。。


2012/01/12 (Thu) 08:19 | EDIT | REPLY |   

あんずとらっきょとけいとん  

あんずとらっきょ母からhironnさんへ

v-283hironnさんへ
本当ですよね~…テレビ、そしてテレビゲームで疑似体験ばかりしている子達は だんだん、命の尊さや 弱者に対しての痛み、哀れみの感覚が薄くなっていくんですよね…
うちの子もゲームにはまりつつあるけど、その没頭の仕方が尋常じゃなくて怖くなるときがあります。
お互い、成長期の息子を持つ身として これからも試行錯誤だね~(T^T)

2012/01/12 (Thu) 21:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。